当たりました!!!!

今年のドリームジャンボ宝くじ!当たりました!!!!
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
3,000円
されど3,000円ですよ。

3,000円だってなかなか当たらないですから。

窓口で受け取った3,000円でサマージャンボ買いました。
そんで、よく行くカフェで、いつもは食べないケーキセットを食べました。 

手元にはもう残っておりません。。。

サマージャンボ、、、、お願い(-人-) !

 
スポンサーサイト

再びあのババア!

以前にもエレベーターで私に罵声を浴びせてきたおばあさんです。
今回、私はスーパーからの帰りで1階からエレベーターに乗りこんだところ2階でいったん止まりました。
そこであのおばあさんと大柄の男性が乗ってきました。
私は二人が乗り込む間「開く」ボタンを押していました。
おばあさんが先に乗りこみエレベーターの奥へ。
そのあとに男性が乗ってきて7階のボタンと「閉まる」のボタンを押しました。
男性はちょっと不思議そうにおばあさんを見ていたのですが、あとから思うとたぶん「降りる階のボタン押したのかな?」的なものだったと思うのです。男性は7階で降りていきました。おばあさんは降りる様子がないので私は「閉まる」ボタンを押しました。
扉が閉まりきる直前、おばあさんが突然「ああ!」みたいな感じで叫び、まるで「自分も降りるのになんで扉を閉めるんだ」とばかりの慌てよう。
私は急いで「開く」ボタンを押しましたがもう遅く、エレベーターは上に動きだしました。
私「降りるなら降りるって言ってください。降りないんだと思ったじゃないですか」
と言ったのですが、おばあさんは聞く耳もちません。
そこで私は「あ、この前のババアだ」と思い当たりました。
しばらくぶりだったし顔を見てなかったのです。

ならば、おばあさんが降りるのは7階ではなく10階です。
7階で騒ぎ出す理由など無いのです。
10階につくとおばあさんは私より早くエレベーターを降りていきました。
しかもエレベーターを降りたところに持っていた郵便物を落として・・・
私は「落ちましたよ!」と大声で言いましたが(確実に怒った声で)おばあさんは振り返りもせずにそのまま行きました。

落とした郵便物は届けてあげようかとも思い一度は拾いあげましたが、そこまでお人よしなことをする必要はない!と思い、落ちていたあたりに再び置き捨てました。
その時に宛名が見えたのでそこで初めて何号室の人かわかったのです。
通路の角を曲がった死角のところに玄関扉が二つあってそのどちらなのか今日までわからなかったんですよね。
やっと部屋番号が特定できたので管理会社へ電話しました。
電話に出た人には一通り話をしました。「担当者は帰りが遅いので」とはいってましたが、今日は折り返しの電話がありませんでした。

真上の階の人は以前は夕方から夜にかけてと休日に日曜大工をしたり、そうでなければ夕方から深夜過ぎまで音楽の音や打楽器でも叩いているような音がしてた時期もあった。これは当時管理会社に連絡して調べてもらった。「心当たりはない」ということだったが、娘が電子ピアノを演奏してたそうだ。その後は比較的静かになった。

隣の人は入居前のリフォームの騒音でうるさかったし、しかも本人からはただの一度も挨拶なし。工事前に工務店の人がせんべいの菓子折りを持ってきただけ。1カ月半、テレビの音もかき消されるような騒音に耐えなければならなかった。なのに本人からは引っ越しの挨拶も何一つない。「引っ越して来たらご挨拶にきます~」と奥さんらしき人とすれ違ったときに言われたが、にもかかわらず無かった。

挙句に「あのおばあさん」だ。

どこのマンションもこうなんですかね???
私だけ運が悪いんですかね???

管理組合の役員は断り続けてますが、その代わりといってはなんですが他の住人に迷惑かけないように襖やドアの開け閉めや洗濯機を使う時間などには私なりに気を配ってきたつもりです。ひっそりと静かにって思って。
そういうのがばかばかしくなる。
もっと「私ここにいますけど?なにしてくれてんの(怒)」って感じで自分の存在感やずうずうしさを前面にだして生きていった方がいいのでしょうか?
そういうのはそういうので自分の性分にあわないのですが・・・・

とにかく、腹が立ちます。
2度目なので我慢できず「クソババァ!」と本人に向かって叫んでしまいました。

宝くじ当たれ!自前のビル建てたい!

こんなとこヤダ!




500円玉貯金 訂正

64,000円ってしてましたけど、62,000円でした。

私の数え間違い。どうしてこんな数え間違いをするのか?
前にもあったんだよなぁ・500円玉1枚を1000円って数えちゃうの。。。

ああ。年取ったのな?

何やってんだよ!あたし!!!

ということで、100均で働いていたわけですが、その間約3カ月の間に実は体重が4~5キロ減っていたのです。

「よぉ~し!これ維持しないとおおおお」

と思った私ですが、ほぼひきこもりで早2カ月半の間に・・・2キロ戻ってしまいました・・・

ま、当然ですよね。
動きもしないで食べるばかりではね。でもこれで分かったのは、「私はやせることができる」ということです。
方法は、食べることは変えなくても毎日6時間激しくなくても動き続けていれば体重は自然減できる、ということです。

そうするにはまた体を動かす仕事をすればいいのでしょうけど・・・そこが難しい。。。
なにせ勤労意欲が無い・・・・
でも動かないとせっかく減った体重が元に戻ってしまう。
もったいないですよね。
すべては自分のせいです。だれのせいでもないってことは重々わかっているのですが、身に染みてない。
つくづくダメ人間だと思うのです。

ああ、それと人の体は2カ月で変わってくるというのもわかりました。
働いているとき「あ、なんか体つき変わった?」と思ったのが働き始めて2カ月たったころです。
そして「あ、体重増え始めてる」って思ったのも仕事を辞めて2カ月たった頃です。

これ以上増やさないように、2カ月単位で体のこと設計しないと。
やる気出せ!自分!!!

これでいいのか!?

失敗、しっぱい

実は昨年の11月から今年の1月まで100均で働いてました。
でも、なんか馴染めなくて結局1月末でやめてしまいました。
自堕落な生活をしていた私には肉体労働が過ぎたかもしれません。
仕事だけでなく、人にも疲れました。
働く意識が低いというか、なんていうか。職場にまとまりがなくてとても働きにくかったです。

事務系のほうがやはりいいのかもしれません。でも年齢を考えると厳しい。。。

その前にやっぱり私に根性が無い、ってのが一番なのかもしれないですね。
私には守ることとか人っていうのが無いから、生きる目標とか楽しさとかそういうのが欠けてる。
だから働くってことにも積極的になれないのかもしれないです。

もっといろいろブログに書こうと思っていたのですが、今となってはもうどうでもいいやって感じです。
今はまた労働意欲が無くなってしまって、、、でも、働かないとこの先何年後かにはお金がなくなります。

宝くじ、あたればいいのに。
ああ、私って考え方が甘いというか、生活力がないというか。
これまでにも転職はしてきました。そのたびに「ああ、辞めないほうがよかったかな」と思うのです。
100均もちらっと思いましたが、職場としてのこの先のことを考えると大いに不安だったので、今回はこれで良しとします。


雪って怖いんですよ

カミナリ

さっきたぶん真上あたりで鳴ってた。
怖いなぁヾ(๑╹◡╹)ノ"

500円玉貯金 2017年分

64,000円なり

いつもよりも少なめです。
これでなにしましょうか?
洗濯機も買い替えたいし、、、どうしましょうかねぇ?

スマホから写真がアップできないのです;;
なので文字のみにてご報告です。

思わぬ人に会う

ここのところ外出すると、見知った顔に出会うことが何度かありました。
「あれ?」って思うんですけど、だいぶ長い間会っていないので確証がない。
あちらも「あれ?」って顔するんだけどやはり確証がないようで、お互い声はかけない。

だって、間違えたら恥ずかしいもん><

でも今日、というか今午前2時なのでもう昨日になってしまったけれど、デパートの催事場でばったりと会った人とはお互いにわかったので、挨拶できました。
私よりも年配の方で優しい人です。

アイスが食べきれないと言って少し分けてくれました。
おいしかったです。

生け花展のチケットもくれて、花でも見ておいでと・・・・

優しくされると泣いちゃいます;;








最近、泣いちゃうんですよ・・・

夜、暗くなってから家に一人でいると、なんだか悲しくなって涙がこぼれてきます。
自分が死ぬときってどんな風に死んでいくんだろうとかいろいろ妄想しちゃうんですよ。
そうすると悲しくなって涙が出てきます。

なんでこんなに泣いちゃうのかな?って考えると「もうすぐ死んじゃうのかもしれない」なんて思ったりもします。

はぁ~(*´Д`)

たぶん孤独死なんだろうなとは思うけど、そんなの考えたってしかたない。

とりあえず、ハロウィンジャンボが当たることを夢見て、当たった時の妄想に切り替えよう。

プロフィール

L-エル-

Author:L-エル-
コメントや拍手をいただけると、とっても喜びます。




↓ポチっとしてね

にほんブログ村 その他日記ブログへ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
お気に入り
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
月別アーカイブ