DVD「<harmony/>」を観た

建物とか乗り物とかのデザインが気持ち悪かったです。
ストーリーの内容に合わせてそうしてあるんだとは思いますが、日本のあの情景はとても気持ち悪かったです。
あんな建物ばかりになったら、私は日本には住みません。

胞衣

というんでしょうか?そんなイメージです。
大事に、大事に、大事にされすぎて、気持ちが悪い。そういう象徴とでもいいましょうか。

まるで今の日本を彷彿とさせます。

この作品の中にはいろんな世界が登場します。
胞衣の中に包まれた世界(その代表の日本)。胞衣の無い、だけどこれまでの世界。紛争地帯。

胞衣の中の世界は、人間の健康も寿命も管理された世界。不健康な人はいなくて死ぬ人もいない。
人間を管理することで生まれた、健康で優しさしかない世界。
だけどそれが反って無機質に感じられました。

主人公の回想を交えて、話は過去と現在を行き来する。主人公が過去を捕まえた時、一人の少女の願いが胞衣の中の人々を涅槃へ‟追いやる”
それは一つの理想郷なのかもしれませんが、私は嫌です。
この理想郷は自我を失くすっていうこと。
楽かもしれないけど、生きてるって言えない。

人間は、欲望にまみれているから生きていけるんだと思います。
食べたい、眠りたい、遊びたい、楽しみたい、お金が欲しい、ああなりたい、こうなりたい、あれが欲しい、いい暮らしがしたい、自由になりたい、、、、
何でもいい、欲望があるから人間はそれを生きる原動力にする。
自我がないってことは、そういう生きる原動力を失くすってことなのじゃないのかと思うのです。

意図的に他者によって自我を失くされるっていうのは、胞衣に大事に大事に大事に包まれるってことと同じなのじゃないかと思うのです。
そうすれば苦しみや悲しみから逃れられるかもしれないけど、自分が失くなる。
それは果たして人間といえるのか?

解釈はいろいろあるだろうけど、私はそう思いました。



スポンサーサイト

DVD「屍者の帝国」を観た

「虐殺器官」を観る前に「屍者の帝国」と「ハーモニー」を注文してまして、まずは「虐殺器官」を観た翌日に「屍者の帝国」を観ました。
「虐殺器官」よりも見易い作品でした。
でもやはり考え始めると、深いです。
哲学のようです。

原作者の伊藤氏は癌の闘病中に執筆していたそうですが、それを加味すると考えさせられます。
死者を蘇らせる。その研究に魅入られる主人公。
原作者は死しても蘇り、もっと小説を書きたかったのか。等々。

ラストは、あれはあれでハッピーエンドなのか?
エンドロールの直前のシーンに私は涙が出ました。
エンドロールの後のシーンで一瞬ほっとし、その後に疑問が残りました。

これはハッピーエンドなのか?


伊藤さん、ありがとう。
そしてご冥福を。
日を改めて「ハーモニー」を観ます。


「虐殺器官」を観てきた

難しかった。。。
途中から脳がパンパンになった。
思っていたようなものと違った。
難しかった。

原作は読んでいません。

「虐殺器官」の「器官」がなぜ「機関」ではなく「器官」なのかが分かった。

難しかった。

戦闘シーンは必要に応じて登場するが、それがメインではない。

原作が読みたくなった。
難しかった。
文字で見ないとその言葉が意味しているところがわからない。
原作が読みたくなった。

それと「怖かった」
ギャー とか ワー とかいう怖さではなくて、深層に感じるような怖さというか。
そういうのを感じた映画は2本目だ。

1本目は「ヒッチャー」・・・こういう出来事は実際にありそうだなっていう怖さ。

「虐殺器官」で2本目。
これに近いことは既に行われているかもしれない怖さ。
ここに登場する技術は近い未来開発されているような怖さ。
開発されてもいいけど、使い方。
技術の中には心の操り方もある。

実際に起こっているかもしれない、起こるかもしれない。
そういう怖さを感じました。

まだ脳がパンパンです。

劇場版「銀魂」を観て来ました!

ネタばれするので詳しくは言えませんが・・・前ふり長っ!!!な感じで始まり。。。。

夢落ちじゃなくてよかった。。。の途中経過。。。。。

そして、どこか未消化な感じ。。。。。

原作者にもっと頑張って欲しかった。。。



個人的には「紅桜編」のほうが好きかな。

映画「ストロベリーナイト」を観てきました

2月1日はファーストデーなので、映画館に行ってきました。
午後に行ったので、すでに映画館は人が大勢いました。

以前から「ストロベリーナイト」を観たいと思っていたので、迷わず、てか最初から「ストロベリーナイト」目的で行きましたよ。
テレビシリーズが好きで見ていたので、たぶんハズレないだろうとは思っていたのですが、期待通り面白かったです。

全編、雨です。最後は・・・・

まあ、いいんですけど。

竹内結子がきれいでしたね。
キリっとしてて素敵でしたよ。

そして、、、西島さあああああああああああああああん!!!!!!
西島さあああああああああああああああああん!!!!
あなたに会えて、幸せですううううううううううう!!!!

はい。私、西島秀俊さんが好きです。

ま、それはさておいて。
観るかどうかお悩みの方は、どうぞご覧ください。


来月は「オズ」が観たいですね。
あとは~、「脳男」
「プラチナデータ」も観てみたい気がするのですが、いまいち決定打がありません。原作が東野圭吾なので、ストーリーはおもしろいとは思うのですが、ちょっと迷ってます。

今年は、わたしにとっては映画を観まくる年なのかも知れません。

映画「アウトレイジ」

・・・

・・・

・・・"/(;-_-) ・・・


映画って、どんな映画でも観終わったあとにさっぱり感とか達成感とか高揚感とか、なにかしらあるもんなんだけど、この映画、なにもない・・・


悪人しか出てこないってのは知った上でみました。

それでもなにかしら思うもんなんだけど・・・これまではそうだったんだけど・・・

これは、ほんとになんにもない。


最後に天下をとるのはいつの時代も徳川家康なのかって思った。

最後に笑うやつっていうかさ。

あのふたり・・・結局あのふたりが一番悪賢かったってことだ。


これは、やくざしかでてこないけど、今までのいわゆるヤクザ映画とはぜんぜん違います。

だれもかっこよくないの・・・

あ、でも椎名キッペイさんは立ってても座っててもかっこいいわね。


それに「あ、この役者さんってこんな役もできるんだ」とか違った面が見れて、それはよかったです。

でも、夢も希望も欠片ほどもない映画です。


後半はバンバン人が死にます。

前半もほどほどに死にます。

いろんな殺され方してます。

躊躇なく、なんの呵責もなく殺します。



デートでこの映画みるのはやめておいたほうがいいです。



次は楽しい映画が観たいです"/(;-_-) ・・・


映画「劇場版 銀魂 新訳紅桜編」

昨日の初日に見に行こうと思ったんですが、レイヤーナイトとか言ってイベントやってたんで今日見に行きました。

日曜の夜なら混まないかなっておもって。

でも、いつものレイトショーよりも人が多くて、しかもせいぜい20代前半ばかりで、なんだか場違いな気持ちになりました。

鑑賞券売り場のお兄さん、あたしが気持ち小さい声で「銀魂1枚」って言ったとき、ノーリアクションでありがとう。

映画館のフロントにはコスプレに使えるような衣装が展示されてたりとかキャラたちのルーレットとか置いてありました。

銀魂キャラのポップコーンも販売されてました。入れ物が 銀さん・新八・沖田 でそれぞれ味が違います。
すでに銀さんと沖田は売り切れで、ダメガネしかありませんでした。
あたしは買いませんでした。

普通にホットコーヒーだけ買って、入場時間にシアターへ入りました。
シアター内は銀魂のテレビシリーズのオープニングテーマが流れてました。


待つこと10分ほど・・・始まりましたがな。まずはこれから公開予定の映画の宣伝が。

そしてやっと銀魂始まったって思ったら・・・ぐだぐだですな。ぐだぐだな始まりです。劇場版なのに・・・。

まあいい。銀魂だから。

ストーリーはおわかりですよね。テレビシリーズでやりましたからね。
割愛します。

ああ、でも、最後の天人と銀時+ヅラの戦闘シーンはカッコよかったですよ。
ヅラ強ぇ!

ここが一番いいシーンだったかもしれない。

おお!かっこいいじゃん 銀魂!!!

ってここで終わればいいものを・・・そこは銀魂ですから・・・ああ、いいです。あとは映画館でみてください。

来年も期待してます。


映画「食堂かたつむり」

優・良・可で言ったら「良」かな。


映画なんだけど絵本みたいな感じです。

「さあ!映画見るぞ!!!」って意気込んでいくとちょっと物足りないかもしれない。

これといって際立った起伏もなく静かに進んでいくんですが、気づくと口元が笑っているやさしい映画です。


できれば料理をしているシーンはもっと迫力だしてよかったんじゃないかなって思いますが・・・。


江波杏子さんの演技がすばらしいです。喪服の老女の表情の変化がすばらしいです。

のんびりと映画を見たいのならおすすめします。




映画「カールじいさんの空飛ぶ家」

さすが!ディズニー!!!

表情の豊かさ、動作の滑らかさ、魅力あるキャラクター、惹きつけられるストーリー


どれをとっても文句なしです。



ストーリーは、もっとほのぼののんびりっていうのを想像していたんですが、どうしてどうして、手に汗握るお話でしたよ。

確かにね、年寄りにそんなことできるのかって、突っ込みはあるけど、そこはそれ、ファンタジーですから。

大人にもぜひ観てもらいたいです。
あたしは飲み物買って入ったのに、途中から、それもかなり早い段階で飲み物の存在を忘れていました。エンドロールの途中で気づいて飲み干しましたよ。

なんで、何気なく見過ごしてしまいそうですが「わたしの冒険ブック」とかそのノートの最後に書き付けられた言葉とかは英語ではなく、日本人向けに日本語で作ってありました。
カールじいさんもだんだん無精ひげが生えてきたりと細かなところまで作ってくれましたよ。


是非!!!!!! 観てください。

「THIS IS IT」観てきた

混んでるかなって思ったら、ガラガラだった。
レイトショーで時間遅かったからかな?
広いシアターで10人くらいだったよ。

中身はっていうと、メイキング映像。
でもところどころ曲をフルで聴かせてくれたのは迫力あったよ。

ギターのお姉さんがカッコよかった!
プロフィール

L-エル-

Author:L-エル-
コメントや拍手をいただけると、とっても喜びます。
ツイッターはこちら




↓ポチっとしてね

にほんブログ村 その他日記ブログへ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
お気に入り
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
月別アーカイブ