スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後ろ向きじゃイカン!

自分の人生を楽しいものにするのは、結局のところ、自分にしかできない。
だから、今までみたいに後ろ向きな考え方ばかりしてたんじゃ、幸せは寄ってこないし、楽しい人生も送れない。
そう、最近思うようになった。

では、如何にして後ろ向きな発想をやめるかということだが、、、これといって策は無い。
でも、後ろ向きじゃイカン!幸せが逃げいていくばかりか、不幸やよくないことばかりが寄ってくる。それじゃイカン!

せっかく生まれて生きているんだから、幸せに楽しく人生を送りたい。
そのためには自分の努力が必要だ。
とりあえず、後ろ向きな発想をやめるよう努力しよう。
前向きな発想が出来る、とまではいかなくとも、せめて後ろ向きな発想をしないよう努めよう。
そこからスタートだ。
スポンサーサイト

夢中になれる人が羨ましい

いつも思う。
「夢中になって打ち込めることがある人が羨ましい」
だって、そのことがあるから生きることに一生懸命になれるもの。
生きてるって楽しいって思えるじゃん。

だけど、あたしには夢中になれることがない。
「ブログがそうじゃん」って言う人もいるかもだけど、そういうんじゃないんだよね。もっと違うんだ。
もっと、人と直接かかわる方法で夢中になれることが欲しい。
だけど、物事や他人に興味を持ちにくい性質のあたしには、これまでそういうものがなかった。
若い時はそれなりに人生楽しかったけど、今の年齢だと若くはないので、若いってだけで人生楽しいってことにはならない。
心の拠り所とでも言うべきものがないと、毎日がとてもつまらないものになってしまう。

今にして思えば、年齢を重ねた時に楽しく過ごすためには、10代20代のうちに「種を蒔いて」おかなくちゃいけなかったんだ。
いろんなものに興味を持つこともそう。いろんな人とかかわることもそう。恋愛もそう。結婚もそう。
だけどあたしはどれにも興味を持たず、してこなかった。将来そこから芽が出ることも知らずに。
もちろんみんな知っててやっているわけではないだろうけど、でも、いろんなことに興味を持つことは必要だったんだ。
あたしはそれができなかった。
「性格」って言ってしまえばそれまでだけど、けど、努力は必要だったんだよね。今更言っても遅いけど。

ああ、人生やり直したいな。。。

怒っ!

怒っているのは、連休明けで机の上が山になっていたからではない。
東京の事務所のやり方が気に入らないからだ。
こっちと、東京の事務所では人員の数も環境も違うのに、東京のやり方を押し付けてくることに腹が立つ。
特に今の責任者は程度の低いヤツで、これまでもいろいろやらかしてくれていて、およそ人の上に立つ人間では無い。
今回のことも、こっちの事務所の環境など考えもしていないんだろう。
仕事が煩雑になる。それに対してあたしの上司はなにも言わない。むしろ向うを弁護する言葉を言う。腹が立つ。

なぜ?

と思えばあたしは口に出す。仕事上で疑問を持てば、納得いかなければ尚の事、自分なりの意見を言うのは当たり前だと思う。
そういうのを黙って言わないでいる方がよくない、とあたしは思う。


そしたら上司が「L‐エル‐さん、9月○日、面接しましょう」と4~5日後の日付を言い出した。
まあ、契約更新のための面接が毎年9月にあるので、それがいつもよりも早めと思えばいい。
異動したいって言ってた件なんかも今年はこれまでにも申し出ていたしね。

正直「もうヤダ!ここの仕事!!!この環境!!!」って感じていて行き詰まり感を覚えていた。
どっち道「目指せ!正社員」活動するし。
なんだか、どうでもいいや。

今日も帰郷

今日も実家に帰ってきました。
引っ越しのためにとった連休も今日で終わりなので。
でも、途中まではどうしようか迷ってお昼過ぎ、知人から呼び出しがあったのでちょいと出かけ、その続きで実家へ足を伸ばした。
なので実家に着いた時は3時をまわっていた。
帰る時間も昨日よりもちょいと遅くした。
駅まではタクシー。母が見送ってくれた。

母は良くしゃべる。
あたし相手に良くしゃべる。
うれしいんだろうなと思って聞いているあたし。
いいよ、それでお母さんが楽しいなら。

また行くね。
今度はもっと早く行くよ。午前中にマンションを出るからね。
一緒にお昼ご飯食べよう。

初帰郷

午前中、鍵屋さんが来た。
玄関の鍵を新しいのに変えてもらったよぉ。
ついでに、ずうずうしくも「カギとぜんぜん関係ないんですけどぉ」と前置きをして、冷蔵庫の扉の付け替えをしてもらった。
あたしがかった冷蔵庫は、扉の開き方を右にも左にも付け替えられるタイプだったんだけど、やり方がいまいちわからず(説明書がなかった)扉の付け替えができなかった。鍵屋さんだったら道具をもっていると思って、ずうずうしくも思い切ってお願いしてみた。

成功。

力を貸してくれたよ。
道具なんて要らなかった。ぱかっと開けて軸を2個、扉の左側へ付け替えるだけ。
鍵屋さんはさすが男の子だ。簡単にやってのけた。

鍵屋さんが帰ってから朝昼兼用の食事をして、そして、電車の時間を確かめ実家へGO!
一週間ぶりの家だ。
母は、うれしそうにしてくれた。
3時間半くらいいたよ。
お土産の、いつものシュークリームを一緒に食べて、テレビをみながら、いつものようにああでもないこうでもないとおしゃべりした。自然な感じ。
やっぱり育った家はいい。安心感がある。
母のそばもいい、安心感がある。
ずっと、母のそばで、この家に住めたらよかったのに。。。

自分の部屋に置いてきたベッドにゴロンとしてみる。慣れた寝心地。いい寝心地だ。安心感がある。

母が、あたしの車庫を自分の自転車置き場にすでに改造していた。
あたしが使っていた頃よりもキレイになっていた。甥っ子の話によると、即効やっていたらしい。
母曰く「おまえの車庫にS(上の甥っ子)の彼女が車入れるのがいやだったから」
イヤだって言うのはその彼女のことが嫌いということではなく、あたしの使っていた場所を誰かに使われるのは寂しいっていう意味だと思う。
だから母自身の使う場所にした、ということ。
それはそれで、母があたしを思ってくれている気持ちがうれしい。

時間は早くたつもので、夕方になったので実家を後にした。

でぶ性

二つの意味があると思うけど、今日は「出かけるのが苦手」って意味の「でぶ性」です。
連休をとっての引っ越しだったわけですが、何日も会社に行くっていう強制的に出かけなくちゃいけないってことから離れた生活生活をしていると、出かけるのがイヤになってくるのがあたしの性分で。
しかも日一日とそういう気分は増してくる。
夕方からの美容院の予約も危うくキャンセルするところだった。
たまたま知り合いから呼び出しの電話があって強制的にでかけることに。
助かった。これがなければホントにキャンセルして一日中マンションに閉じこもっているところだった。
おかげで出かけることができて、美容院にも行けたよ。
だいぶ髪の毛切った。軽くなった。モシャモシャした気分も少し軽くなったかも?
明日は、午前中に鍵屋さんがくるよ。
中古のマンションだから、前に住んでいた人がいるわけで、鍵を前のままにしておいたらよくないだろうってことで、鍵を変えることにしました。

それが終わったら実家に帰ってみようかな?
連休中に1回帰っておきたいな。

母からの電話

夜、母から電話があった。
兄が自分の息子を連れて釣りに行って留守にしている時に電話をかけてきた。
母も寂しいんだと思うし、あたしのことが心配なんだろう。
これまでだったら夜はいつも母とあたしの二人で、母の部屋でテレビを観ていた。観ながらああでもないこうでもないとおしゃべりしていた。それがなくなった。
あたしも、母も、寂しい。

電話は、途中で涙声に変わった。先にあたしが、そしてつられて母も。
切ないなぁ。

お母さんのそばにいたいなぁ。
お母さんの顔を見ていたいなぁ。

年老いた母のそばにいてあげたい。面倒みたいなぁ。
あたしのマンションに、そのうち遊びにきてくれないかな。それで何日も泊まっていってくれないかなぁ。
そしたらまた一緒にテレビ観ながらおしゃべりできるから、寂しくないのに。

声を掛け合える人間がいることはいいことだ。
でも、今のあたしにはいない。
母も、兄たち家族と会話があるのは夕食の時だけだ。あとは昼間も夜もひとりきり。
母もあたしも似たような環境だ。

せめて電話しよう。(兄がいない時間帯に)
時々は実家に行こう。(兄が仕事でいない曜日に)
母に会いに行こう。親孝行は、親が生きてる時にしかできない。あたしは父に親孝行できなかったから、せめて母には真似事でも親孝行したい。
でも、離れちゃったらなかなかそうもいかないよね。
また、心残りのまま逝かせちゃうことになるのかな。

ひとり、一人、独り

引っ越し4日目。
ひとり。
ご飯を食べるのも。
テレビを見るのも。

「おはよう」も「行ってきます」も「ただいま」も「おやすみ」も言う相手はいないよ。今まではお母さんに言っていたけど、そのお母さんとは離れてしまったから。

ひとり、ひとり、ひとり。

何をするのもひとり。

荷解きはほとんど終わった。
これからは自分流にカスタマイズしていく作業だ。時間はあるからゆっくりじっくりやろう。
まだ荷解きが終わったばかりだから、落ち着ける空間っていうのとは程遠い。
とりあえず見えるところにはダンボールありませんってだけ。さて、これからどうしようかね。
じっくりゆっくり考えよう。
まずは、冬近くなったら“コタツ”を買おうね。これは外せない。
今まで使っていたのはもう20年くらい使っている昔の形のだったから、実家に置いてきた。コタツを置けば、きっとリビングらしくなって、くつろぐ雰囲気に近づくと思うよ。

「パスタフローラ」

新潟駅の中にあるスパゲティー屋さんです。
美味いです。
今日の晩御飯は作るのが面倒ったので、駅まで用事で行ったついでに「パスタフローラ」で夕食摂りました。
あさりとしめじの醤油バターのスパゲティを注文。800円くらいだったかな?それにスープセット(スープ+パン+ドリンクバー)をつける。セットにするとプラス399円です。
美味かった。
ここのスパゲティは美味いです。量はちょうどいいか、ちょっと大目かな?お腹いっぱいになりますよ。
場所は駅の万代口の改札を出たら右側のお土産屋さんのある自動ドアを通って進んでいくと中ほどにあるエスカレーターを下って降りたら右へ進んだすぐ左側です。通路側には壁はなく、木が壁代わりになっているところです。外からは店内が丸見えなんだけど、中に入って座ってしまうと気になりません。

ここはお奨めなので、新潟駅で食事する時は候補にしておいてくださいね。

今日は小休止

荷解きはまだ残っているけれど、疲れたので今日は小休止の日としました。
運動したわけでもないのに脹脛は筋肉痛。
夕べは部屋の明かりを消す余裕もなく眠りについた。

ってわけで、引っ越しでグデグデに疲れているわけであります。
プロフィール

L-エル-

Author:L-エル-
コメントや拍手をいただけると、とっても喜びます。
ツイッターはこちら




↓ポチっとしてね

にほんブログ村 その他日記ブログへ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
お気に入り
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。