FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
先日の仕事の契約更新の一件で、あたしは危機感を覚えた。
今回のような理由でなくても、1年後との契約の契約社員(実質パート)のあたしは、いつ、どんな理由で職を失うかわからない。
だから、会社勤めのほかに、なにか副業かなにかで収入を得ることを考えた方がいいのではないかと考えるようなことになった。

そこで思い浮かんだのが「家賃収入」

家賃収入で主な生計をたて、趣味や楽しみで会社勤めをする、という方向にもっていけないものだろうかと考え始めた矢先に、良い話が飛び込んできた。
今住んでいるマンションを仲介してくれた不動産屋さんのSさんからなんだけど、一軒家で良い物件があって、賃借人も決まっているが、その賃借人は本当はその住宅を買いたいけれども自営業でローンが組めず購入を断念。けれど、3年後にはローンが組めるようになるから、そしたら購入したい。そこで、その3年間は賃貸で貸して欲しいというのだ。
その物件をあたしに紹介してきた。
あたしがその物件を買うとして、①賃借人はすでに決まっていて、確実に家賃収入が最初から入ってくる。②3年後はその賃借人がその住宅を買い上げる。③つまり、買い上げるまでの3年間は月々決まった額の賃貸料があたしには入り、3年後には売ったお金が入る。
良い話だ。
客観的に見て、良い話だと思う。

ちょうど考えていたところに転がり込んだ話なので、これは呼び合ったのだろうか、と思ってしまった。
築年数もまだそんなにたっていない。良い物件らしい。
とりあえず、明日見に行ってきます。見に行ってビビッ!ときたら買ってしまおうかと思います。
一軒家で築10年で1000万円以下の物件なので、お買い得です。自分の貯金と遺産の残りを合わせればなんとか買えそうな額です。

これをとっかかりに、「目指せ!家賃収入暮らし。仕事は趣味と楽しみでやる生活。」を実現できるといいです。
ただ、家を買うということは大きなお金が動くので、そこはよく考えて見極めて、そして決断は迅速に!です。不動産って、良い物件はすぐに売れるのでぐずぐずしているとチャンスを逃します。
なかなか難しいものです。

今日は、そういう良いお話を持ってきてもらいました。
2007.09.15 Comment:0 | TrackBack:0
新装版「地球へ・・・」買ってしまった。。。
地球へ・・・


とりあえず、ぺらぺらと眺めてみた。
懐かしいなぁ。
覚えていないページもあった。
長年の間に美化されているイメージもあった。
人間の脳って不思議。

明日はアニメの放送がある。留守録セットしちゃったもんねぇ。
数少ない楽しみのひとつ。
日本のアニメはレベル高いから、普段見ない人も、見る価値ありだよ。
2007.09.14 Comment:0 | TrackBack:0
今日は、嫌嫌ながらも、なんとか会社に行けてよかった。遅刻もしなかったし、いつもより仕事できたし。なんとかね。
でも、事務所の中の雰囲気は、、、ちょっと?いっぱい?変。まあ、いいけど。利用者が変に思わなければ、それであたしはいい。

夕方遅く、Nさんのサロンにバザーの品物を持っていった。もう使わないものとか元々使っていないものとか。マンションからは歩いて10分くらいだから近いんだよ。
そしたらまた食べ物をもらってしまいました。今日は「茗荷の押し寿司」と「鮭」「さつまいものてんぷら」
これであたしの夕ご飯、今日は買わなくてすみました。おいしかった。

ということで、今日のいいことは、また食べ物もらったことと、何とか会社に出勤できたことです。
明日もいいことアップできますように。
おやすみなさい。
2007.09.13 Comment:0 | TrackBack:0
今日は、午前中ゆっくりと寝ていた。
ホントは午前中に郵便局と銀行に行って住所変更の手続きをしたかったんだけど、怠けてしまった。
そうやってウダウダとしていたら、Nさんから電話があった。2件ばかし用事を済ませにいくので、その間サロンにいないよって言う電話。今日行くといってあったけど時間は言っていなかった。Nさんは自分が出かけてる間にあたしが行くといけないと思ってわざわざ電話をしてきてくれたようだ。
おまけに「お昼ご飯を用意してあるから、一緒にサロンで食べよう」というのだ。
その電話のおかげであたしもようやく出かける準備を始めた。
時間がもうお昼直前だったので、銀行は諦めて郵便局だけに行くことにした。郵便局で投資信託をしているので、そのお知らせの郵便物が頻繁に来るし、取り扱い局の変更も必要だったので、優先順位は郵便局が上。
銀行からはお知らせなんて口座開いてから1回もないからね。こっちの住所変更は急がなくてもいい。

郵便局での手続きを終えると、Nさんから電話をもらってから1時間くらいたっていた。そろそろNさんも帰ってくる頃と思い、サロンへ行く。でも、あれ?鍵がかかっている。まだ帰っていない模様。なので、以前教えてもらった鍵の隠し場所の鍵で開けて勝手に入る。
5分もするとNさんも帰ってきたぞ。
そうこうしているうちにSさんもやってきて3人で焼きおにぎりのお昼ご飯を食べる。

Sさんは食べるだけ食べると仕事のため早々に帰ったが、しばらくするとこの前会ったKさんがお母さんと一緒にやってきた。そして4人でおしゃべり&プラス思考グッズのお店へ途中もうひとり車で拾っていってきた。
そこであたしは1つのカレンダーを買った。Nさんのサロンのトイレにかけてあったカレンダー。月とかは関係なく使えるカレンダーなので、来年も使えるものだ。でも肝心なのはその点ではない。カレンダーの日付は左隅に表示してるだけで、紙面のほとんどは「言葉」が書いてある。短い言葉だったり、長い言葉だったり、それはさまざまなんだけど、サロンのトイレであたしが見た「言葉」は

「深刻になるな 真剣になれ」

ハッとした。今のあたしに必要なことだと思った。
だからカレンダーを買った。
そこでお店の人からいろいろ“ためになる”話を聞いて、カレンダーをトイレに飾って、今日はトイレ掃除をしようと思った。したよ、トイレ掃除。カレンダーも飾った。これで、トイレに住む神様も少しは喜んでくれたかもしれない。トイレに住む神様は、一番たくさんの徳を持っているから、一番最後に家に到着して最後に残っているトイレに住むんだって。ほかの部屋の神様は荷物が軽いからリビングとかから先に住んでいるって話だった。
だから、一番たくさん良いこと持っている神様を大切にするにはトイレをキレイにしておくといいんだそうだ。

あとはね「いいこと探し」をして書きとめること。そうするとそれを読み返すと自分にこれだけいいことがあったってことを知ることができて幸せな気分になれるって。そして自分に自信がついてくるって。

要は、自分の気の持ち様ということなんだろうけど、わかっていてもできないことだ。
ついつい悪いことの方に気持ちが行く。嫌なことばかりが目に付く。気に障ることばかりが記憶に残る。
だけど、それじゃ良い気分で生きていけない。だから「いいこと探し」が必要なんだと思った。ちょっとずつやってみようと思う。ノートを用意して、ちっちゃなことでも「いいこと」を書き留めてみよう。つまづいたけど怪我をしなかったからよかった、とか、今日はあの人に会えたからよかった、とか、今日は上手にご飯ができた、とか、今日はトイレ掃除ができてよかった、とか、そんなこと。そういうのでいいらしい。
どんなことでも、良い出来事に捉えることはこができるってこと。
だから、毎日じゃなくても、できるだけ書きとめてみようと思う。そしてそれをつらい時やマイナスな気分の時に読み返して、幸せな気分を取り戻すことに役立てよう。
今日は、そんなことを思いました。

お店から、Nさんのサロンに帰ってからもみんなでおしゃべりしてマンションに帰ったのは、6時を過ぎていたかな?Nさんに車で送ってもらいました。

今日は、いいことがいっぱいありました。
2007.09.12 Comment:2 | TrackBack:0
やっぱり気分が盛り下がっている。
仕事に対する意欲がますますなくなっている。

でも、食事はした。
食事しないと余計に酷い状態になるからね。頑張って食べた。

眠って起きたら、銀行と郵便局に行って、管理人室に鍵を預けに行って、それからNさんの所に遊びに行って、元気をもらってこよう。
2007.09.12 Comment:0 | TrackBack:0
二日にまたがって、契約更新についての面接をした。
1日でおわりかと思ったら、そうじゃなかった。
一日目は主にあたしの意向を中心に聞いていただけだったけど、二日目は上司が意見を言い出した。

あたしとは、契約更新したくないそうだ。
暗に「契約更新しません」とあたしに言わせたいような話の仕方をされてしまった。それをぶつけると本人は否定したが、聞かせられる側にしてみればそうとしかとれないような言い方だった。

転職を考えているということは伝えていた。ほかの部署のように大勢いるところだったら黙って就職活動してある日突然に「辞めます」と言うところだが、上司とあたしのふたりだけの部署なので、それはあまりに酷かろうと思い、「こういうつもりではいます」と話をしておいた。上司を信用してもいたし。
でも、言わなければよかったと思った。契約を更新したくない理由のひとつにされてしまった。

ほかにも仕事と関係ないようなことも。ごみの捨て方なんだけどね。ここの部署って、毎日捨てるほどのごみはでないんですよ。だからある程度溜まったら捨てればいいんだけど、あたしはごみ用ビニールにめいっぱい溜まったら捨てるタイプで、つまり「まとめ捨て」をするタイプなんだけど、上司はこまめに捨てるタイプの人なんだよね。これってもう個人の性格のレベルなわけ。でも、あたしがごみを捨てないっていってそれも理由のひとつにされた。
ほかにも「毎日の積み重ね」なんだといわれた。

確かにここ1年は特にあたしは酷い状態だった。それは心療内科に通院して薬を服用するほどのことだったから、自分でもうまく行動できずに、仕事でも上手くできないことも多かった。

やるべき仕事がなくてだらだらとしていた時間も多かったかも知れないが、それは上司からぜんぜん仕事が回ってこないからというのもある。
あたしだけの責任じゃないと思う。

それでも、最低限これだけはしておかないと利用者に迷惑がかかるということは何とか頑張ってやってきた。その点では仕事のミスはない。というか利用者に迷惑はかけていない。
最低ラインは死守していたつもりだ。こんな精神状態でも。
だから、契約更新したくないと言われるほど酷かっただったろうかと、疑問に思う。

上司と感覚的な部分で合わないこともひとつの原因かもしれない。
上司はどう思っているか知らないが、あたしは上司からの話で「?」マークが頭の上に出ることも少なくなかった。
上司は正社員でずっと販売の仕事をしていた人。一方あたしは前の会社でも転職後の今の会社でもずっと事務をしてきた人間。しかも今はパート。
社会人として育ってきた畑が違う。当然持ってる仕事に対する意識も違う。
そんなことで、あたしは時折今の上司の言動に違和感を感じていた。

上司はいつもニコニコと愛想良く、誰にたいしても同じ態度で接する人だ。あたしにはできないことだから「えらいなぁ。すごいなぁ」と内心で感心していた。けれどその裏であたしに対してそんなことを思っていたんだと思うと、なんだか裏切られた気分だ。
そして忘れていたことを思い出したよ。

他人を信用するな。また痛い目を見るぞ。

過去にも相手を信頼していて痛い目を見たことがある。会社の人間関係なんて所詮はうわべだけのものだ。
普段は仲よさそうにしていても、いざとなったら助けてはくれないんだということを、過去に経験したじゃないか。
いらなくなったら、邪魔になったから仕事を回してもらえなかったり、ポイって捨てるみたいに異動させられたり。
忘れていたよ。そのことを。
思い出したよ。そのことを。

これからは、もっと気をつけなくちゃ。今回のことを肝に銘じて。
同じ職場の人でも、愛想のいい人でも、人を信用するな。
また傷つくぞ。

食事がのどを通らないよ。それでも無理やりいくらかは食べたけど。
なんだか、抑うつ状態がぶり返したみたいだ。
会社から帰ってから食事も摂らずに何時間も同じ姿勢でボーっと過ごした。途中でマンションのベランダから飛び降りることも考え出した。悪い兆候だ。

また、目が死んでいく。
せっかく最近、前向きな気持ちになってこれたのに、出鼻をくじかれた感じだ。うつ突入のきっかけになりそうだ。

水曜日にNさんのところに行くから、話しをして、また元気をもらって来よう。
2007.09.11 Comment:3 | TrackBack:0
今日は、結婚相談所で2度目の見合いをしてきた。
今日はこの前と違ってある程度あたしの条件を満たしている人2人と会ってきた。
ひとり目は三男で1歳年下。三男坊なだけあって頼りない感じ。年齢よりは幼い印象。この人は×。
ふたり目は3歳年上。髪の毛切り立てでとっちらかってたけど、不精な感じは受けなかった。服装もラフだけどほどほど。長男。両親と同居。やさしそうな人でしっかりした感じ。話をリードしてくれた。

結果、ふたり目の人と来週の日曜もう一度会ってみることにした。さて、どうなるか。このままおつきあいをすすめて結婚に至るか?それともお断りすることになるか。
どっちにしろ一度きりでは判断できないので、とりあえずもう一度会ってみます。

でも、最近、引っ越しして環境に慣れてきたせいか「ひとりでもいっかぁー」って気持ちになりつつあるんですよねぇ。
2007.09.09 Comment:2 | TrackBack:0
今日は「地球へ・・・」の本放送を留守録しておいた。
会社から帰って2回も観ちゃった。
ラストでマツカが死ぬシーンでは泣けちゃったよぉ。
いいシーンだった。そこに続くキースとマツカの描き方もよかった。
キースの手をつかんだ時のマツカの顔が超カワイクって「作る方もこの表情に力を入れた」のがよくわかった。

絶対このアニメ、子供が見るんじゃなくて大人が見ること前提に作ってあるよね。
作品に対する情熱と愛情を感じずにはいられないよ。
ああ、もっと早く観ていればよかった。
このままだとDVD全巻セット買ってしまうぅぅぅ。
2007.09.08 Comment:0 | TrackBack:0
そう、親戚の男子高校生の件。
どうやって断ろうかと。

親戚っていってもこれまで付き合いなんてなかった間柄だし、今年に入って父の葬儀の時に初めて会ってこの前で3度しか会ったことないし、なにせ未成年だしね。
この前なんて親に無断で来てるし。夜遅い時間なのに。
未成年に対して責任もてないものね。

それに、あたしの生活に立ち入りすぎ。
今日も来るなんて事をこの前言っていたけど、今日はマンションには来させません。
あたしの生活空間には立ち入らせない。
ここでストップかけておかないと入り浸りになっちゃう気がする。
それは断固阻止!
冷たいようだけど。

さて、どうやって断ったものかね。。。
2007.09.08 Comment:4 | TrackBack:0
数日前なんだけど、親戚の男子高校生が、あたしが引っ越して一人暮らししているのを聞きつけてマンションに遊びにきた。
昼間じゃなくて夜ね。そんで11時過ぎまで帰ろうとしない。
親戚とはいえこれまで会ったのって父の葬儀の時とその後の2度だけ。
それで突然電話をかけてきて遊びに来られてしまった。まだろくに家具も無いところへ。
っていうか、夜遅くはやめて欲しい。
あたしも生活してるしね。仕事あるし、マンションではひとりでゆっくり過ごしたいのよ。親戚とはいえ他人が来ると気を使っちゃうのよね。それが嫌なんだ。
しかも何時間も。で、あたしの嫌いなタバコ吸うし。
それに、年齢が離れているとはいえ、女性の一人暮らしのところへ男性が上がりこむというのは好ましいことではないし。

それよりも何よりも、あたしが一人暮らしというのを知って入り浸ろうとしている様子がある。灰皿まで置いていった。それは非常に困るので、今度からはマンションに来るのは断ろうと思う。

あたし自身と元々親しい付き合いのある親戚というわけでもないから、これ以上、あたしの生活に立ち入られるのは、はっきりいって迷惑。
あの子は今時の高校生の感覚で簡単に考えて人の家に上がりこんでいるのかもしれない。でも、それはあたしの世代には迷惑な行為でしかない。
悪い子では無いんだけれども、感覚や物の考え方がまだ子供であるところが問題だ。
相手のことも考えて、適当なところで切り上げることやそれ以上は立ち入らないってことを学んで欲しいよ。
2007.09.07 Comment:2 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。