FC2ブログ
昼休みになると、毎日母に電話をかける。
4回目くらいのコールで母が「はい、もしもし」と電話に出る。
あたしは母に「お母さん?今なにしてたね」とたずねる。
母は「テレビ見てた」と答えるか「なぁんにしてね」と答える。
あとは他愛の無い話をする。
毎回大体同じことしか話さないんだけど、それでもいい。
電話をすれば、母の声が聞こえるから。
母が、あたしを思っていてくれる気持ちが伝わってくるから。

だから、あたしは、昼休みに毎日電話をかける。
いつか、母が死んでも、あたしは電話をかけるかもしれない。
だれも出ないってわかっていても、お母さんが、ひょっとしたら出てくれるかもしれないって気がして。
そんな気がする。
スポンサーサイト
2008.08.13 Comment:2 | TrackBack:0