再びの歯医者

数日前からまた歯茎が痛み始め、この前ほどじゃないんですけどね、昨日再び歯医者にいってまいりました。

歯肉炎?歯槽膿漏?
歯茎もだいぶ下がっているし・・・・;;
お薬を塗ってもらい、飲み薬ももらい、土曜日に再びいってまります。

あたし、糖尿病だから、ひょっとして実は壊疽?って思ったりもしたんですよ。そうなると手術です。切除です。
口の中もね、壊疽になるんですって。以前父が肛門の壊疽になったときに聞きました。
口の中に壊疽ができると、手術のあとの姿はとてもじゃないけど外出できるようなものじゃなくなる。
ひょっとしたらって、考えちゃいました。

口腔内の衛生、しっかりやらなくちゃ。
スポンサーサイト

新潟市の港タクシーに轢かれそうになりました。

夕方のことです。
あたしは、晩御飯を買うために近くのスーパーに行こうとしただけなんです。
いつも買い物をするエリアです。
そこに行くには、ホテルの前の歩道を歩いていきます。ホテルがあるので、車寄せもあり、そこには一般の車も乗り付けるし、タクシーも頻繁に入っていきます。
そしてまた、その道は近隣の中学校の生徒の通学や他のホテルやオフィスが入っているビルにお勤めする人の通勤にも使われるので、表通りではありませんが人通りも少なくないのです。

ホテルの車寄せに車が行くには、その歩道を横切るのです。
これまでもタクシーの運転を見ていて、危ないな・乱暴だな、と思うことはありました。
そして、本日、とうとうわたくし、「あ、これはもう、あたし轢かれる」と覚悟したのです。

あたしは飛び出したわけでもなく、普通に歩いていました。
ホテル前の車寄せの入り口を横断していたとき、1台のタクシーがホテルの車寄せに行こうと曲がってきて、普通なら人が歩道を歩いているんだから手前で一旦止まるのにそのまま突っ込んできたんです。
曲がる時だったのでスピードは直線ほどでてはいませんでしたが、車が止まる様子はなく、あたしは「え???」と思い、「これはもう轢かれる!!!!」と思いました。
あたしはタクシーの真ん前で「ぎゃあ!!!!」と思わず大きな悲鳴を出し身構えました。

幸い、ギリギリで車が止まったので、今こうしてブログを更新しているわけなんですが、タクシーとの距離は1メートルあるかないかくらいだったと思います。
あわててあたしはタクシーの前からどきましたが、運転士は降りてくるわけでもなく謝るわけでもなく、そのまま車を走らせ、10メートルほど先のホテルの玄関で止まりました。
あたしは一瞬そのまま去ろうと思ったんですが、でも怒りがこみ上げてきたので思いなおし、つかつかとタクシーに近づき運転席側のウインドウを拳でドンドン!と叩きました。
運転手がウインドウを下げるやいなや「人をひき殺しかけておいてどういうことよ!!!」と怒なしましたさ。
運転手は「(お客さんをおろしてから車寄せを)まわって謝ろうとした」「(あたしの姿が)見えてなかった」とか言うだけで謝りもしない。
名刺を出せというと「運転手は名刺を持っていない」だの言い出した。
会社の電話番号を教えろというと「領収書にならあるから」と領収書を渡されたが、その場で電話をしようと見てみると電話番号は掲載されていない。
さらに怒り心頭になったあたしは「電話番号ないんだけど!!!」と怒鳴った。
電話番号を受け取り電話をかけると電話にでた人の態度にも怒り心頭!!!!
ありきたりな「指導が・・・・」とかなんとか言うだけ。しかもあたしが怒り心頭で言っているののに「ふぅ~ん」みたいな気の無い返事になってきた。
そしてついに無言・・・。あたしも頭にきたので無言になり、そしておもむろに静かに「おたく、話聞いてないでしょ」と言いました。
相手はあわてて「そんなことない」といっていたけど、電話でもそういうのって伝わってきますよね?
相手が「だれか行かせましょうか」といってきたので「そうしてください」と言いました。
だれか行かせると言えばこちらが引き下がるとでも思ったんでしょうけど、そうは行かない!!!!!
あたしは二重三重に怒っているんだ!!!!

数分後に運行管理者が来ましたが、その間、あたしは外の寒いところで待っていました。運転士が車の中に入ってくれと言いましたが断りました。自分を轢きそうになった車になんて乗りたくも無い!
だから外で待っていたんですが、運転士はちゃっかりずっと車の中にいたんです。迷惑をかけた相手が寒い中外に立って待っているんだから、この場合、自分も外で待つべきなんではないでしょうか?
運転手が車から出てきたのは、運行管理者が乗る車がホテルの車寄せにやってきたときでした。

そこでも車の中へといわれましたが、あたしは断りました。
さすがに運行管理者は自分だけ車の中にいるのではなく、外に出てきました。名刺もよこしました。
運転手もさすがに運行管理者がいたので外で立っていました。あたしだけのときは自分だけあったかい車内にいたのにね。

あたしはタクシーの危ない運転と苦情の電話に対する担当者の態度に苦情を言いました。
人を轢きかけておいて知らんふりでスルーし、謝りもしない態度も。
日常的に運転をしているものこそ一般の運転手の手本になるべきじゃないのかと言いました。
運行管理者は「おっしゃるとおりです」的なことを繰り返していましたが、電話のときの相手と違いさすがに面と向かっているので「真摯に聞いています」という態度でした。
その間、運転手は傍らにいましたが、こちらに視線は向けずそっぽ向いていました。
それに気づいたあたしはそのことも指摘!!!!
もごもごと言い訳してたけど、さっきからずっとだし、そのことにあたしが気がついていないとでも思ったのか!

運行管理者が寒そうにしていたが、そのずっと前から外で立っているあたしのほうがもっと寒いんじゃ!

あたしは散々苦情をいい、最後に「二度と港タクシーは使わない!料金が安くなったとしてもどんなに急いでいても使わないから!!!」と捨て台詞を残し、去っていきました。


あたしはただ、カフェでコーヒー飲んでスーパーで晩御飯を買おうとしただけなんですよ。
それなのに、なんでこんな騒ぎになるんだか。。。。。

あたしの体もかなり冷えていたのでカフェでコーヒーを飲んだんですけど、後頭部がキーーーーン!と痛かったです。
ニット帽かぶっていたのに・・・・後頭部が、キーーーンって。。。。。

タクシー会社にとっては、歩行者や他の車との接触程度は日常茶飯事なのかもしれないが、ぶつかったり相手が怪我をしていなければ知らんふりをする態度はいかがなものかと思う。
交通事業に従事するものとして恥ずかしいとは思わないんだろうか。
あたしも以前、関東の鉄道会社にいたことがあり、バスの事業部や子会社にはタクシー会社もあった。
お客様の命をお預かりして安全に目的地までお連れするのが大事だと思っていたけど、タクシー会社はそうではないんだろうか?
乱暴な運転をし、歩行者に恐怖感を与え、それが日常化して危険なこととも思わない神経っていうものをあたしは疑う。

くそおおおおおお!まだ後頭部がキーーーーンってしてる気がする!!!!







新たな仲間



今日、区役所に行った帰りに寄ったお店で見つけ、一目惚れしてしまいますた。

今年こそ一等当たりますようにヾ(@⌒ー⌒@)ノ

映画「ストロベリーナイト」を観てきました

2月1日はファーストデーなので、映画館に行ってきました。
午後に行ったので、すでに映画館は人が大勢いました。

以前から「ストロベリーナイト」を観たいと思っていたので、迷わず、てか最初から「ストロベリーナイト」目的で行きましたよ。
テレビシリーズが好きで見ていたので、たぶんハズレないだろうとは思っていたのですが、期待通り面白かったです。

全編、雨です。最後は・・・・

まあ、いいんですけど。

竹内結子がきれいでしたね。
キリっとしてて素敵でしたよ。

そして、、、西島さあああああああああああああああん!!!!!!
西島さあああああああああああああああああん!!!!
あなたに会えて、幸せですううううううううううう!!!!

はい。私、西島秀俊さんが好きです。

ま、それはさておいて。
観るかどうかお悩みの方は、どうぞご覧ください。


来月は「オズ」が観たいですね。
あとは~、「脳男」
「プラチナデータ」も観てみたい気がするのですが、いまいち決定打がありません。原作が東野圭吾なので、ストーリーはおもしろいとは思うのですが、ちょっと迷ってます。

今年は、わたしにとっては映画を観まくる年なのかも知れません。
プロフィール

L-エル-

Author:L-エル-
コメントや拍手をいただけると、とっても喜びます。
ツイッターはこちら




↓ポチっとしてね

にほんブログ村 その他日記ブログへ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
お気に入り
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近のトラックバック
RSSリンクの表示
月別アーカイブ