FC2ブログ
昨日、誕生日でした。

何度目でしょうね。もう数えたくないですよね。

20代の頃は怖いものはなかった。
自分が40代になることも想像できなかった。
親が死ぬことも想像できなかった。

携帯電話がこんなに普及することも想像できなかった。
パソコンもなかった。

今あるすべてのもの、ことが想像できなかった。

自分には輝かしい未来があるはずだった。
結婚して、子供を産んで、今頃家族団らんしているはずだった。


夕べ、母から電話があった。
兄の携帯電話から。
ちょうど携帯を手元に追いいていないときだったから出ることはできなかった。
留守電に母の声が入っていた。
兄の番号で2回着信があったので、母になにかあったのかと思い、若干慌てた。

今日、実家に行ってきた。
いつもよりも早めに起きて、土産を買い、いつもよりも多めに買い、電車に乗った。
母が喜んでくれた。
以前よりも物覚えが悪くなってるみたいだった。
同じ話を何度もする。
数分前に自分が言ったことも覚えていない。
昔話でもない。

自分のマンションに帰ってきて、夕方、兄から電話があった。
昨日の電話のことと途中で母が電話を変わった。
もう、今日わたしが行ったことは忘れていた。
お土産が仏壇の前においてあることを話した。
話の様子で兄はわたしが今日実家に行ったことがわかったみたいだった。

わたしは成長していない。
もう成長しない。

気持ちは昔のままのつもりだけど、それももう時代遅れ。
20代のような成長はない。
そのことは数年前に悟った。

誕生日だからといって、特別なことはなにもない。
普段通り、いつもの日を送った。
ネットの友達がおめでとうを言ってくれた。ネット上のプレゼントをくれた。

ありがとう^^
スポンサーサイト



2012.04.05 Comment:4 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://erunikki.blog58.fc2.com/tb.php/1690-a3033349