FC2ブログ
父方の叔父の一人です。
父の兄弟はもうこの叔父と叔母が一人ずつしか生きていません。

この叔父には父が亡くなった時の兄とのいざこざで、ずいぶん世話になりました。
ずいぶん話を聞いてもらったし、兄との仲立ちにもなってもらった。

今のマンションに引っ越してきてからは私が車を手放してしまったこともあり叔父の家を訪ねることはなくなった。
父の法事の時に会ったきりで、電話も数年に一度程度になった。
法事の時に「また遊びにこい」と言ってくれたのがありがたかった。
まあはっきりいって、私が不義理をしていたのだ。

その叔父に先日2年ぶりくらいに電話した。
声が衰えていた。心配になった。「元気か電話してみたよ」「ああ、元気だ。お前も元気か」といった程度で会話は終わった。
叔父は前回電話した時も携帯を壊して?新しいのにしたが以前の登録が無くなってしまったと言っていた。今回も同じことを言っていた。
たぶんなのだが、そのタイミングでスマホにしたけれども使い方がわからず、登録できていない、と思える。

そして翌日、不意に電話が鳴った。表示されているのは叔父の名前。
出てみる→騒がしい様子と人の声→通話になっていることに気づいていない

「俺の姪なんだ。何年かぶりかで電話きたんだけど、携帯あれして云々・・・」
おそらく、飲み会かなにかの席で友人かだれかに電話番号の登録の仕方を聞きながら私の電話番号を登録しようとしていている途中で操作を間違え電話をかけてしまった、というところみたいです。

でもおかげで一生懸命、私の番号を登録しようといている様子を知ることができました。
叔父はもう80歳くらいです。その叔父が一生懸命にスマホを操作してくれていました。

聞こえてきたのだと「6」を「0」って言っていたのが聞こえたので、電話を私からかけ訂正しました。
でも、ちゃんと正しい番号でできたか心配です。

ありがたかったですよ。嬉しかったですよ。
私のことを気にかけてくれて「俺の姪」と言ってくれて、ありがたかったです。
遊びにいきたいな。
また、叔父の家に遊びにいきたいな。

歓迎してくjれるし、私の分も食事用意してくれるし。
私があの頃相談に行ったら、「部屋余ってるから(住むとこみつかるまで)俺のうちにいてもいいいから」と言ってくれた叔父です。
お風呂も使わせてくれました。実家では思うようにお風呂使えないってことは話してましたから。

叔父は、最初の結婚の時に苦労して、その時に私の両親にだいぶ世話になったようです。
そのことを未だに恩義に感じているのかもしれません。

それでも、そこまでしてくれたことが、言ってくれたことが、ありがたかった。

スポンサーサイト



2019.06.30 Comment:0
Secret