FC2ブログ

貧乏の起因

あんまし頑張らないんだよ
2007/02/25(日)
ちょっと計算をしてみる。

会社は週5日
その日の昼食は300円まで。
休憩時間の飲み物は1日100円。
計400円
400円×5日=2,000円

終日は、週2日ある
台所にあるものを適当に食べるか、前日スーパーで買ってきた惣菜のパックを適当に食べる。
金額は、、、どれくらいだろう?一度に食べないし、母と分けてしまうから、、、?

夕食も然り。
ただ、会社のある日は帰る時間のために夕食はひとりでとる。だから多分300円かそれ以下ですんでいるはず。

いろいろ考えると、食費と休憩時の飲み物で週5,000円~6,000円くらいでなんとかなりそうな気がしてきた。

そして、現金主義。
今回の貧乏の大きな原因は「イオンクレジットカード」
不正請求があったとかそういうわけではない。これははっきりといっておく。
では、なぜ原因となったのか。
イオンクレジットカードを使う場所は、地元のイオンショッピングセンター。そこには「ジャスコ」がある。
そこで、あたしはここ2年ばかり“クレジットカードで食料品を買っていた”
現金だと「あ、今日無いからこれだけにしておこう」となるところが、ジャスコの食料品売り場ではクレジットカードが使えたがために「あ、やめておこう」という心理が働かなかった。

しかも、銀行から引きおろすお金は今までと変らず。何に使っていたのかわからない。心当たりが無い。でも、盗まれてもいないのできっと自分で使っている。

そして、ここ2年ばかり必要に迫られまとまった支払いをしている。
夏・冬とも車のタイヤの買い替え。冬分だけで20万円近い。買ってすぐに1個パンクしたし。
車検。今まで父が出してくれていたんだけど、さすがに介護の父に出してくれとは言えずに自分で出した。しかも部品の交換もあって、それが17万円近い。
入院と手術。これも17万円くらい。
喪服。年齢的に持っていたほうがいいだろうと思ってセットで20万円のものを買った。個別に買うよりはこれでも安いんだよ。

そんなのもあって、特にこの2年、出費が重なってしまってあっという間に預貯金が減っていった。
給料は増えないので、当然減る一方。
東京で正社員で働いていたころにためたものも、もう半分も残っちゃいない

で、源泉徴収表をみて「10年前と変ってない!」
あんど、銀行の残高が1桁の前半

と焦ったわけです。
おととい給料日のはずですが、それに頼らず、このまま貧乏脱出節約生活を続けます。
目指せ!元の預貯金額

とりあえず、月曜に1万円下ろしたら、週末に4,000円残るようにしよう。
のこったお金は別の「ここのはぜったいおろさない!」ってきめた銀行口座に入金することにしよう。そのつもりで、ここのはキャッシュカード作ってないんだよねぇ
スポンサーサイト

タグ : 貧乏 節約

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ひとり花火 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ