FC2ブログ
うん。そうなんだ。
うれしさとか、ウキウキ感とかはないんだな。これが。
不本意な引っ越しだからね。
本当は、実家で母のそばにいてあげたい。
父が死んで、半年くらいであたしも出て行ったんじゃ、母がさびしいんじゃないかと思う。
あたしは寂しいよ。
お母さんがそばにいないのは。一緒にテレビ見たり、見ながらおしゃべりしたりしてるもんね。
それに、育った家を出なくちゃいけないもの。
家は、あたしがいられないくらい狭い家ってわけじゃない。他の家からみたらずいぶんと広い家で、部屋数も多い。
あたしひとりいたからって、スペース的には何の問題もない。
だけどね、兄がね「嫁のジャマだから出て行け」ってさ。
言い方もね、ずいぶん酷い言い方された。
あたしが一方的に悪いって言い方。これが実の兄かと思うと憎しみしか湧いてこない。
長い間、妹イビリをしてくれてありがとうって感じ。おかげで心療内科通いが続いてます。

子供の頃から慣れ親しんだ家を出るのは、ただ家を出るって事だけじゃなくて、手放すもの、捨てるものも多い。
使い慣れた家具、思い出のある品々なんかでも、引っ越し先に持っていけないものが多い。
持っていくもの行かないものを整理していると、泣きそうになることがある。「ああ、これはあの時のだな」とか「これ、気に入って着てたんだよな」とか「これは高校卒業のときに両親に買ってもらったのだな」とかってことが思い出されてツライ。
それらを捨てていかなくちゃいけないことがツライ。

ツライコトだらけの引っ越し。

引っ越したら、兄の妹イビリからは解放されるけど、母もいないところでたったひとりで暮らさなくちゃいけない。
寂しいなぁ。。。
寂しいなぁ。。。

まだ、家具らしい家具もないところで生活を始めなくちゃ。
「家」って感じじゃないよね。そこをいずれは「あたしの家」って言えるようにしていかなくちゃ。
心安らかに暮らせるように、少しずつでも装っていかなくちゃ。

あたし、派手に暮らしたいわけじゃないの。
ひっそりと、静かに暮らしたいの。
誰に何を言われることもなく暮らしたいの。
そのための場所作りをこれからしなくちゃね。

寂しい気分から、楽しい気分になれるように。
スポンサーサイト
2007.08.21 Comment:4 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://erunikki.blog58.fc2.com/tb.php/488-8cba7b72